李朝石製阿弥陀仏

 

寸法  高さ 14.8㎝  膝前幅 8㎝

時代  李朝時代

状態  石の自然の摩耗だけ

 

お釈迦様が説法するとき、蓮の花を手にして、それをひねったとき、
それに答えるように摩訶迦葉が微笑みをもつて答えられたと言われます。
それを 「粘花微笑」 と言う言葉で表現します。
その答えに満足して,微笑を持ってお答えになっていますようなお顔で御座います。

儒教時代にあって、細々と佛教を信仰して行く生活は大変だったことと思いますが、このような微笑に支えられて生きるすべを託して居たのではないでしょうか。

そんな信仰心と美が今日の私達の心をとらえ、感動させる様に思います。

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
090-1509-5565
03-6228-7540