李朝後期白磁透彫り葡萄栗鼠文筆頭

 

寸法  口径 11.8㎝  高さ 13.8㎝

時代  19世紀

状態  口辺に虫喰い有り

 

 

葡萄、栗鼠文と言いますと、葡萄はたわわに実る事
から、多産、豊穣を意味し,栗鼠も多産な動物で、
子孫繁栄を意味し、縁起の良い吉祥文として、共に現
される事の多い文様です。

李朝時代に於いては、この葡萄栗鼠文は、絵画、工芸、
焼き物、染色と多くの分野に描かれ、愛された文様で有
ります。
そのような中に有って筆頭は、文房七宝(神、筆、墨、
硯)に次いで、精神生活に欠かすことの出来ない
重要な文具です。

残念乍ら、この筆頭には、18世紀の分院製の様な
きりっとした面影は、もはや観ることは出来ませんが、
それでもまだ何とか威信の残存が見えます所に、
李朝の焼き物の良さが有るのではないでしょうか

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
090-1509-5565
03-6228-7540