無地唐津筒盃

 

寸法    口径 5.8㎝  高さ 5.5㎝

時代   桃山時代~江戸初期

状態   小さな金繕い2箇所
1箇所は、窯疵を留めております。

 

 

桃山期の奥高麗筒茶碗を小さくしました様な
静かな佇まいの筒盃です。

よく使い込まれておりますので、肌はしっとりしております。

釉薬が琵琶色(少しピンク色)を呈する部分。と
灰色を呈する部分があって変化に富んだ、景色です。

高台脇の削り目、見込みの削り目などは一気呵成に
引いた勢いと、力強さが有ります

それと口辺の疵気の少ないのが、目にさわやかです。

古唐津の良さを表現します言葉に「時間が熟した果実」と
言うのがあるそうですが、時間を得ることにより、
大事に使い込む事により一層の成熟度を増す。
と言う事でしょうか。

筒ですので、手に馴染み易く、とても飲み易いです。

 

 

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
090-1509-5565
03-6228-7540