絵唐津茶碗

 

寸法  口径 12.5㎝×11.5㎝         高さ 8㎝

時代  桃山時代

状態  口辺に金繕い大小合わせて4箇所
見込みに窯疵有り(塞いでおります)

発掘伝世

 

 

早くに発掘為れて、伝世為れて来た茶碗です。

腰周りはふっくらとして、口辺は端反りの、熊川形茶碗
を彷彿とさせます茶碗で、
見込みはたっぷりとして、一部に灰釉がたまって緑秞をなし
景色を作っております。

外側の鉄秞の文様は。まるで大空をゆったり舞っている大鳥
の様です。

高台は竹の節で、堅く焼き締まった土みせは赤く焼き上がり、
その上に乗った釉薬の流れは、暴れていて、面白みがあります。

全体に緑がかった茶碗ですが、何度写真を撮り直しても
その色を私の写真技術では出せません。

中側のような淡い灰緑色を呈しております。

 

 

 

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
090-1509-5565
03-6228-7540