須恵器フラスコ形長頚瓶

 

寸法  高さ 21㎝  胴経 15.2㎝~15.8㎝
口径 7㎝

時代  7世紀~8世紀

状態  くっつき有り、自然秞剥け有り

 

球体の胴に、自然秞が玉垂れ状に斜めに、垂直に流れ
美しい景色を成しております。

厳しい角張った口作り、頸の胴紐の装飾等、それにフラスコ状の胴体と、隙のない簡潔な造形です。

胴体と頸が共というのがなんと言っても嬉しいです。

それに水がたっぷり入り花生けとしましても充分楽しむことが出来ます。

須恵器の本をひもといておりましたら、
宮城県青山横穴から発掘為れたといいます
同手のフラスコ形瓶が宮城県教育委員会に
有るようです。
又、埼玉県西台遺跡からも同手の瓶が発掘
為れております。

最後の写真は虫狩と芍薬を生けて見ました

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
090-1509-5565
03-6228-7540