志野織部沢瀉、芦文大盃

 

寸法  高さ 9㎝  口径 7.5㎝
胴経 9㎝  高台径 6.2㎝

時代  桃山時代

状態  ニュー1本  削げ 2箇所

 

文化庁所蔵の長次郎の黒楽茶碗「むき栗」の造形
が、上が四角、下が丸形の茶碗ですが、当時と
しましては大変斬新な造形だったことと思います。

利休さん考案の造形だからでしょうか、志野、唐津
にも、同じ様な造形の作品が見られます

絵志野の文様には、沢瀉文、芦文は結構多く観られますが、
このように2方にまたがって大きく描かれておりますのは
珍しいと思いますと、同時に沢瀉文がこのように群生して
描かれておりますのも大変珍しいと思います。
口辺周りの数珠繋ぎ文も効いております。
鉄絵の発色はこの上ないほどの鮮明さです。

口辺が角でも飲みにくいという事はありません。
冒頭に上げました、「むき栗」も上部は四角です。
利休さんがよくよく四角の口作りの飲み心地は試して
いると思います。

日本酒をお好きな方は、茶碗酒感覚でいけます。
ハイボール、焼酎割などはこれから氷を入れて
楽しめると思います。

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
090-1509-5565
03-6228-7540