2022 年 7 月 のアーカイブ

斑唐津盃

2022 年 7 月 24 日 日曜日

寸法  口径 9.2.㎝   高さ 4.5㎝

時代  桃山時代

状態  金繕い有
発掘品
帆柱窯

 

 

 

桃山時代を彷彿させますような、まことに大らかな造形の
盃です。

この盃を入手いたしました時は、発掘然としました状態で、
ただ斑釉が白くかかっている状態でしたが。
土は完全に砂岩を砕いた土でしたので、お酒を飲み、洗い、
乾かしを繰り返しをすることで斑状になる、と確信の下
2年ほど使いこんできましたら、ここまで斑が出てきました。
見込の釉薬の厚いところは ブルーの斑釉に、口辺の黒っぽく
見える部分は紫釉に変化して、斑唐津の本領を発揮して来て
おります。

故人曰く「盃を買うときは腕を小さくした造形の作品を買うべし」
の言葉のごときおおらかで堂々とした盃です。

これからまだまだ斑文様がはっきりしてくると思いますので。
呑む楽しみばかりでなく、育てる喜びもあるとおもいます。

長く付き合いのできる盃とおもいます。

私の撮影技量では微妙な色合いを出せませず、お許し下さい。

 

詳細を表示

無地唐津筒盃

2022 年 7 月 13 日 水曜日

寸法  口径 4.6㎝  高さ  5.7㎝

時代  江戸初期時代

状態  無疵

 

 

 

本来は小茶入れとして作られたものではないかと
思いますが、先の持ち主は酒器として愛用していました。
私も愛酒党ですので、、酒器として愛用しておりますが、
形の故でしょうか、すっと手になじみまして、まっこと
呑み心地の良い盃でございます。

ちょっと変わった造形ですが、奔放に流れた釉薬と、
釉薬の薄いところは土の鉄分が透けてほんのり赤味を呈して、
見所いっぱいの盃でございます。

又、エロチックですが、まっすぐ立ち上がった筒盃より、
凸凹があり撫でまわしたくなるような盃でございます。

お茶を楽しむ方は、蓋をつけて、茶篭の茶入れにするのも
宜しのではないかとおもいます。

 

詳細を表示