2016 年 12 月 のアーカイブ

井戸盃

2016 年 12 月 28 日 水曜日
SONY DSC

寸法  口径 9㎝  高さ 4㎝

時代  李朝時代

状態  ニュウを金で止めております。

 

 

茶方では井戸茶碗の評価は非常に高く、
2013年に根津美術館で開催されました
「井戸茶碗 戦国武将が憧れた器」
展では70点ほどの名碗が展観されましたが
さて、盃となりますと、ぐっと少なく
なってしまいますが、
それ故に井戸盃に憧れを抱くのではない
でしょうか

この井戸盃は、琵琶色がかった釉に
白い釉が内、外奔放に流れて景色を
なしております。
全面に貫入が入り、高台脇は梅花皮
を呈しております。
高台内には小さな兜巾をみせ、片薄高台
に削られ、畳付きにも釉が掛かり、目跡
が4つ見られます。
口辺の金繕いはニュー止の金繕いです。
広い見込みには5つの目跡がありますが、
余り目立ちません。

お酒を飲むたびに、ほんのり赤みを帯びた
琵琶色釉肌は、喜びを与えてくれます。

詳細を表示

年末 年始のお休み案内

2016 年 12 月 27 日 火曜日
 

平成28年12月29日(木)から
平成29年1月5日(木)まで
お休みいたします

平成29年1月6日(金) 11時より
平常営業を致します。

 

平成28年も皆様方の暖かいご支援と
健康に恵まれまして無事年末を迎える事が
出来ました。
誠に有り難う御座いました。
心より感謝申し上げます。

皆様方も御健康に留意下さいまして
良いお年をお迎え下さい

 尚、お問い合わせ等はお気軽に
ご連絡ください。     

 

詳細を表示

須恵器皮袋に蠟梅と椿を生ける

2016 年 12 月 23 日 金曜日
SONY DSC

 

花  蠟梅、椿

花器 須恵器皮袋(古墳時代)

 
かれこれ30年程前でしょうか。あるお客様の処で
須恵器の皮袋をお見せいただき深く感銘を受けました。
それから、須恵器の皮袋との出会いの夢を胸
に秘めつつ今日まで来てしまいましたが、
やっとここに夢の実現がかないました。
嬉しさを、香り高い蝋梅と桃色椿(名前がわかりま
せん)とで表現してみました。

詳細を表示