2019 年 8 月 のアーカイブ

黒高麗扁壷に雁金草を生ける

2019 年 8 月 31 日 土曜日
花   雁金草 仙翁 吾亦紅

花器  黒高麗扁壷

 

雁金草は又の名前を帆掛け草とも言うそうですが
よく見ますと雄しべ、雌しべが上の方に大きく湾曲
して飛びでして、まるで帆掛け舟の様だと言う事で
和名は「帆掛け草」とも言うそうです

 

詳細を表示

古唐津桜花白象嵌手塩皿 5枚

2019 年 8 月 27 日 火曜日

 

寸法  口径 8.8㎝ 高さ 2.8㎝

時代  江戸初期から少し下る

状態  5枚の内4枚に窯割れが有りますが、上釉が
掛かっております。
内2枚に1箇所金繕い有り
口辺には細く鉄秞が引いて有ります。。

 

 

多種、多様で膨大な古唐津の作品の中に有って、象嵌で
文様を出しております作品は意外と少ないように思います。
特に茶道具に(水指)に多い様に思います。

私がお客様方とお酒を楽しむ時、三島唐津象嵌の陶片につまみ
を盛って、楽しんでおりますが、是の皿の陶片には三島文様が
びっしり書き込んで有りますが、些細に眺めますと、すでに
李朝の三島文様とは大分違います。

ましてや、この小さな皿に描かれた桜花の象嵌文様は、すでに
和様化しております。江戸時代初期も下った
1640年~1650年代にかけての
初期伊万里の染付の小皿を見て居ますような雰囲気が有ります。

桜の花びらがくっきりと実に愛らしく、珍味を盛って、
酒を楽しむのも宜しいですし、刺身の醤油入れでも楽しめる
のではないでしょうか。

箱行きを観ましても、大事に扱われきました事が伺われます

詳細を表示

黒高麗扁壷に初秋を生ける

2019 年 8 月 21 日 水曜日

花   河原撫子 桔梗、縞薄

花器  黒高麗扁壷

 

日中はまだまだ暑いですが、帰宅時の7時、8時頃の
頬を撫でる風には、秋風を感じます。
古今集の 秋きぬと目には・・・・と読みたくなります

残暑の時期夏の疲れが出ることがあります。
呉々も御自愛下さい

詳細を表示

螺鈿筋文茶器

2019 年 8 月 5 日 月曜日

 

寸法  高さ 8.5㎝  口径 3.8㎝

時代  明末時代

状態  螺鈿の欠落も無くいたって良好な状態

 

 

上下に丸文の螺鈿を施し、その間に筋文の螺鈿を施した
誠に粋で、洒落た文様の茶器です。
胴に4箇所丸穴の金具を付けたままにして、おりますが、
本来は、紐を通して腰にでもぶら下げた容器だったのでは
ないかと思いますが、是に牙蓋を付けて茶器に仕立てて
おります。

この当時、縞文 唐桟、麦藁文と、縞文様が、中国、江戸
で一大ブームになるほどの流行になりますが、このような
物にもブームが反映していたのですね!

箱書きの「高麗、螺鈿 茶器」は現代著名な漆作家の
池田巌先生の書付けで、箱の底にその印がおされて
おります。

詳細を表示