須恵器脚付短頸壺

2024 年 2 月 13 日

寸法   高さ 33.2㎝  口径 9.5㎝  台径 23.3㎝

時代   6世紀 (古墳時代)

状態   無疵
     自然釉の剝落

 

 

脚の部分の三角文の削りの鋭さ、波状文の緻密な描き方
その斬新な造形といい、なんとも超現代感覚の
須恵器脚つき短頸壺です。

自然釉が掛った火表はこの緻密な波状文を見ずらくして
いますのが残念です。

このような器形は近畿地方や関東地方に多いようです、

花入れにもなりますし。そのまま鑑賞にも耐えます
逸品です。

 

 

価格その他のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

 

 

 

この投稿の続きを読む »

美濃唐津筒盃

2024 年 2 月 5 日

 寸法  口径 6.5㎝  高さ 8.5㎝  高台径 4㎝
 
 時代  桃山時代

 状態  無疵

 

美濃唐津とは、最初の登窯である久尻の元屋敷窯を築いた
加藤景延が唐津で覚えてきて作ったものとも、唐津から
同行した陶工が焼成したものとも言われています。
そのため、主に元屋敷で焼かれています。
元屋敷のものは生地が赤味を帯びているのが特徴といわれて
おります。

絵唐津筒盃として、買いましたものの、なんか唐津焼とは
違う感覚がありました。
桃山時代の美濃焼に詳しい方に観て頂きましたら、
土みせに赭土部を塗ってあるので、美濃唐津ですとのことです。
それは水漏れを防ぐための工程だそうです
美濃唐津の作品といえば、松文の花入れが有名ですが、
向付けも結構焼かれて、都では、唐津焼として売られていたのでは
ないでしょうか。
然し、余り類例を見ません。
そういう意味で、珍品といってもよいでしょう。

この箱書きは向付けを転用して、茶器に仕立てております。
今は、牙蓋もありませんので、酒器に見立てております。

長年酒器として使われてきたのでしょう。
肌は艶やかで、柔らかな光沢を帯びて,伝世の風合いです。

 

価格その他のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

 

 

 

 

 

 

 

この投稿の続きを読む »

高麗青磁交胎盃

2024 年 1 月 23 日

寸法  口径 8,7㎝  高さ 4,5㎝  
    高台径 4.3㎝ 

時代  高麗時代(12世紀)

状態  無疵
    火裏がカセて少しぼんやりしております。

 

 

交胎とは二つの色の土を練り上げて作品にする
手法ですが、日本では、練り上げと称し、
中国、唐時代にはすでに、盃や俑の一部に使わ
れておりまして、端正な中にも華やかさのある
やきものです。
宗時代にも端正な交胎の作品がつくられます。
高麗時代は、青磁の胎土、白土、赭土の3種類を
用い、青磁釉を掛けて焼成しますので、青磁の
範疇にはいります。

12世紀全羅南道康津群大口面沙堂里を中心に制作
されたようで、窯跡から陶片が採取されておるよう
ですがきわめて数がすくないようです。
又小品に限られておるようです。

ほぼ同寸法の盃が韓国国立中央博物館に収蔵されて
おります。

お酒を入れますと、見込みの文様が浮かび出て、
お酒が楽しくいただけます。
文様と戯れておりますと、お酒が進んでしまいます。

 

お買い上げありがとうございます。

 

 

価格その他のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

 

この投稿の続きを読む »

須恵器高脚壺に花を生ける

2024 年 1 月 21 日

花    水仙 藪椿

花器   須恵器高脚壺(5世紀~6世紀)

高さ35㎝もあります須恵器高脚壺です。
余りにも現代的な造形に嬉しくて思わず
買ってしまいましたが、なんと素晴らしい
花器になるではないですか。
今回は、路傍の花を生けてみましたが、
前衛的な花生けに挑戦してみたいです。

どうぞお待ち下さい。

商品のご案内で詳しく取り上げさせて頂き
ます。

李朝白磁坊主形水滴

2024 年 1 月 21 日

 寸法  高さ 9㎝  胴径 8.5㎝  高台径 7㎝

 時代  18世紀 分院

 状態  水穴の釉薬剥け  高台に2か所欠けあり

 

李朝分院窯独特のほんに薄いブルーを見せます
美しい白磁です。

この形は好まれた形だったのでしょうか、
大、中、小とありますが、この中形が鑑賞には
一番楽しめるのではないでしょうか。

 

 

 

価格その他のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

 

 

この投稿の続きを読む »

お正月休暇のご案内

2023 年 12 月 28 日

   お正月休暇のご案内

    令和5年12月30日
~令和6年1月8日まで

お正月休暇を取らせていただきます。

今年も1年、皆様方の温かなお気持ちに支えられまして
骨董の店 甲斐 も年末を迎えることが出来ました。
深く感謝申し上げますとともに、厚く御礼もうしあげます。

皆様方も良いお年をお迎えくださいませ。

3日以降ご用件のある方は 電話、メール、下さいましたら
対応申し上げますので、遠慮なく連絡くださいませ。

 

 

美濃黄瀬戸六角盃

2023 年 12 月 15 日

寸法  口径 5.8㎝   高さ 5.3㎝

時代  桃山時代

状態  無疵

 

 

桃山時代の黄瀬戸六角盃は愛蔵したい盃の一つで
はないでしょうか。

ここに挙げました盃はいわゆるぐい飲み手といわれます
釉薬が滑らかに焼き上がった手です。
少し緑がかっておりますのは、灰釉成分が、多かった
ものとおまわれます。

 

価格その他のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

この投稿の続きを読む »

古伊賀花入れ

2023 年 11 月 30 日

寸法  高さ 37.5㎝  口径 8㎝×11.2㎝

時代  桃山時代

状態  無疵

 

この10月26日から世田谷区上野毛の五島美術館で
開催されております 「古伊賀 破格のやきもの」展
はすでに観に行かれた方も多いのではないでしょうか。
私も観に行きまして、まずその大胆な造形力に目が留
まります。
「破れ袋」は破格のやきものと思いますが、他の花入れ
水差しその他にあっても、例えば同じような造形でありな
がらも、ビードロ、焦げ、赤く焼けた肌、深く削った刻文
などで、一つ一つの作品が、それぞれ豊かな表情を示し、
まさに天与の作品ではないかと思わされます。

こにあげました伊賀花入れは、裾広がりの四方の上に
壺を乗せたような造形ですが、上の方は伊賀の白い土
の様子がわかる清浄な薄緑色を保ち、下との付け根は
それはそれは美しいビードロがたっぷりとかかっております。
下の部分には両耳が付き、焦げあり、深い刻文が施され、
四隅は赤味が指して、伊賀焼の面目躍如ということで
しょうか。

古い元箱には、「伊賀?花入」朱印 横には「古伊賀
花生け」朱印が押されております。
外箱蓋裏には「伊賀耳付き 花入 鵬雲斎花押 が
書かれております。

私も拙いですが花を生けましても、花入れが私の花を
引き立ててくれます。

 

 

価格その他のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

 

この投稿の続きを読む »

桃山陶への誘い 

2023 年 11 月 13 日

 

   桃山陶への誘い 

  会期  12月8日(金)~ 12月16日(土)

  時間  11時~18時

  会場  骨董の店 甲斐 にて

          御 挨 拶

 皆様 ご機嫌麗しくお過ごしのこととお慶び申しあげます。

 いつも温かいご支援を賜りまして有難う存じあ上げます。

この度は 「桃山陶への誘い」展 をご案内申し上げます。

普段、図録や展覧会等でしか観ることの出来ませんでした、絵志野山文大平鉢に出会いました

時は、その大胆な構図もさることながら、何の氣負いもなく屹立します山並みの美しさ、重厚

さに、殊の外の感銘を受けました。

しかもその逸品が私の掌中に収まるというではありませんか。奇跡と幸運に感謝するしかあり

ません。

それで、この絵志野山文大平鉢を核に、桃山陶だけで、展覧会を催行しようと大それた思いを

抱きました。

骨董の店 甲斐 の得意とします酒器類も取り揃えました。

点数は少ないですが、桃山陶の美濃、唐津、伊賀、上野、高取等の作品をご高覧下さいまして、

お買い上げ下さいますと何よりの喜びで御座います。

皆様お誘いあわせの上お出かけくださいませ。

お待ちもうしあげます。

令和5年11月 吉日

葛藤の店 甲斐  小野公子 拝

 

追々、HP上に出展作品の詳細をご案内申し上げます。

お気軽に価格等お尋ねくださいませ。

 

古伊万里白磁桔梗形向付(5客)

2023 年 9 月 6 日

寸法  口径 10.5㎝  高さ 6.8㎝

時代  17世紀後半

状態  無疵(1客に1弁の上部に煙が入り
薄黒くなっております。)

 

何とも清楚な白桔梗形の向付けです。
料理を映えさせてくれる、白磁の美しさ
上から見ても、横から見ても見飽きぬ
造形の美しさ。
嬉しい逸品です。

戸栗美術館、渋谷区立松涛美術館等に
同手の作品が収蔵されております。

 

 

 

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
Kimiko@kottounomise-kai.JP

この投稿の続きを読む »

李朝鶏龍山刷毛目平盃

2023 年 8 月 29 日

寸法  口径 10・5㎝   高さ 4㎝

時代  15世紀~16世紀 (李朝時代)

状態  無疵

 

李朝の刷毛目盃の面白味は、なんと申しましても、刷毛目の勢い、
濃淡、流動性にあるのではないかと思います。

この盃は、箱書きにも「小茶埦」とありますように、お茶をなさる方が
茶箱に仕込もうと大事に愛用なさっておりましたので、少し口径が
広いですが、
口辺から5㎝ほど下がった箇所より、見込みにかけて、刷毛目を
施しておりますので、施されていない部分は鉄分の多い焦げ茶色を
呈しておりますので、視覚的には口径の広さを感じません。

刷毛目の白薬は、使い込まれてすでに、自然の風合いが出ており
ますが、愛飲するほどに景色が育っていく楽しみを味わうことが
出来るのも、刷毛目の喜びの一つと思います。

 

 

 

価格等のお問い合わせは下記にお願い申し上げます。
03-6228-7540
090-1509-5565
kimiko@kottounomise-kai.jp

この投稿の続きを読む »

夏季休暇のおしらせ

2023 年 8 月 3 日

酒器   絵唐津筒盃 桃山~江戸初期

肴    蒲鉾刺身、キュウリの漬物 枝豆

     夏季休暇のおしらせ

令和5年(2023年)8月11日山の日~8月17日

夏季休暇とさせていただきます。

今年は殊の外酷暑が続いております。

どうぞ、熱中症にお気をつけて、皆様方も楽しい休暇をお過ごし

下さいます様お祈りもうしあげます。

信楽蹲壺に河原撫子を生ける

2023 年 7 月 22 日

花   河原撫子  数珠珊瑚

花器   信楽蹲る壺

 

信楽蹲壺は、造形、桧垣文等から時代は下りますが、
河原撫子のような清楚な花を引き立ててくれます。

河原撫子はとても可憐な花を咲かせますが、丈夫で、
割と長い期間次から次へと花を咲かせて、目と心を楽し
ませてくれます。

 

酒の肴

2023 年 7 月 18 日

 

 

酒器

徳利  李朝初期三島徳利

盃    桃山時代 皮鯨盃 銘「口紅千代子」

 


絵唐津陶片  茄子の煮びたし
栗形皿(浅野 陽作)シシャモポン酢醬油漬け、人参のグラッセ
染付輪花鉢  蒲鉾の刺身、 オクラ

 

皆様
お暑うございます。
この様に暑さ厳しいときは、肴も簡単でよく冷やして頂くのが、
一番うれしい肴です。

 

作り方
茄子の煮びたし
茄子は、丸のままチンして、四つ切りにし、醬油、砂糖、酢、
胡麻油の合わせ汁に付けゴマを振る。

シシャモのポン酢漬け
焼いたシシャモにポン酢をかけて混ぜる。味をなじませる。

人参グラッセ
人参の皮をむき、一口大に切って、少量のオリーブオイルで炒め、
塩、コショウしたら、ひたひたの水を注ぎ中火にして水がなくな るまで、そのまま煮詰める。柔らかなグラッセができます。

蒲鉾の刺身
小田原の有名な蒲鉾会社 籠清の さしみ 蒲鉾
おろしポン酢が付いておりますが、何もつけなくてもおいし く、みずみずしくいただけます。

オクラ
オクラをひと煮立ちして、塩昆布を水に入れ、その中にオクラを入れて、味をなじませる。

龍泉窯青磁に蓮の花を生ける

2023 年 7 月 12 日

花    蓮

花器  龍泉窯青磁桔梗形花入れ

暑中お見舞い申し上げます。

明日から東京の一部ではお盆に入りますが、
多くの方々は8月のお盆がほとんどですので、
この暑さの最中も仕事に精を出さなければなりません。

お盆休暇を楽しみにご自愛方々お励み下さいます様
お祈り申し上げます。

 

骨董の店 甲斐のQRコードです

宜しくお願いもうしあげます。

 

新羅須恵器角杯に山法師を生ける

2023 年 6 月 11 日

 

花  山法師

花器  新羅須恵器角杯

 

 

狛江の駅前ロータリーには10本ほどの山法師の気が植えられております。
盛んに咲いております木では、一木真っ白なほどたくさんの花を咲かせております。
余り沢山咲き過ぎも興ざめなものですが、一輪一輪の花は可憐で美しい花です。

角杯は本来は、犀や水牛の角を切断して酒のような飲料水を入れて飲んだ容器
です。
新羅時代では須恵器で模して、作られております。

首から3㎝位下から、削って先端の細い曲線を出しておりますのでその削り目が命とでも
申せるような美しい削り目を出しております。
単独では立ちませんのでかけ花金具を打つか、このように紐を首に回して、掛けられるようにして
たのしみます。

須恵器では革袋と同等に角杯も人気がたかいです。

東京アートアンティーク日本橋京橋アートまつり

2023 年 4 月 13 日

皆さま

今日は

新緑まぶしい季節になりました。

皆様方  新年度を迎えられ、心も新たにお過ごしのことと

嬉しく存じあげます

さて、今年も

東京アート アンティーク

日本橋・京橋美術アートまつり

が4月27日(木)~29日(土)まで開催されます。

 

骨董の店 甲斐 は特別名打っての催事はございませんが、

皆様方お好きな分野の酒器を中心にその周りの楽しみの分野

盆,肴の器、花器その他使って楽しめます商品を取り揃えました。

 

お祭り期間中は普段入り難い老舗も開放的で、素晴らしい展覧会を

開催しておりますので、名品、優品を一杯々ご覧くださいますよう

お勧め申し上げます。

 

骨董の店 甲斐 へのお立ち寄りもお忘れなく

 

どうぞ、お待ち申し上げます。

 

令和5年4月 吉日

 

骨董の店 甲斐  小野公子

 

 

紫蘭を生ける

2023 年 4 月 11 日

 

花   紫蘭  白花紫蘭

花器  鉄釉唐花刻文香炉(鎌倉時代)

花台  根来隅切り盆(室町時代)

 

すっくとした姿に楚々とした花をつけます紫蘭は私の好きな
花の一つです。
今年は植木鉢の白花紫蘭がだいぶ増えまして、朝の水遣りも
殊の外楽しいです。

本来は香炉生まれで、素晴らしい火屋もついております
鎌倉時代の香炉に、思い切って生けてみました。

花台も色の調和から、根来隅切り盆にしてみました。

なんか花も格式が上がったように見えますが、
皆様にはどのように映られましたでしょうか。

山芍薬を生ける

2023 年 4 月 8 日

 

花   山芍薬
花器  曲げ物弁当箱

 

山芍薬がやっと咲きました。
蕾から、花開いたときは、なんとも言えない
嬉しさが心に満ちてきました。

切ってしまうのが惜しくて、小さい鉢に植えかえて
それを曲げ物弁当箱の中に生けてみました。

ほんに、清楚で儚げな美しさは、多くの人々を魅了して
やまないのが理解できます。

卜半椿を生ける

2023 年 4 月 4 日

 

花   卜伴椿

花器   李朝染付面取り蓋つき壺

 

店のベランダの卜伴椿が満開です。
久しぶりに出会いました李朝染付面取り壺に生けてみました。
椿の赤が壺の白さを引き立て、壺の白さが椿の赤を引き立て。
なかなか見ごたえあるようにみえます。

桜満開

2023 年 3 月 23 日

  2分咲きの桜を昨日籠に生けましたが、早や満開に
なり、店の中を明るく、華やかにしてくれております。
皆さん お花見がてらお酒でも楽しみにいらっしゃい
ませんか。
お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青磁花入れに椿を生ける

2022 年 11 月 26 日

花    参平椿

花器   龍泉窯青磁花入れ

 

天龍寺青磁の柔らかな青磁の色が花を引き立ててくれます。

この形は殷周銅器のコ(角へんに瓜という字)を模倣
作品ですがコという字には「さかずき」という意味も
あるようです

 

ゴーヤの花を生ける

2022 年 10 月 4 日

 

花    ゴーヤ、紫色の可愛い花

花器   猿投瓶

敷板   東大寺古材

10月に入り、穏やかな秋晴れの日が続いております。
暑かった夏を惜しむかのように、ゴーヤの花が木に
絡まって咲いておりましたので、猿投の瓶に生けて
みました。
清々しい空間になりました。

高砂百合を生ける

2022 年 8 月 10 日

残暑お見舞い申し上げます。

皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか
ここ何日か東京は日差しはカンカンとして暑いですが、
風が吹いておりますので少し凌ぎ易いようにおもいます。

今日開くか,今日開くかと心待ちしておりました
一輪の高砂百合がやっと開きました。

この清楚な姿を観て、心の涼しさを感じて頂けましたら
嬉しくぞんじます。

残暑厳しいとおもいます。
皆様方くれぐれもご自愛の上お過ごしくださいます様
お祈りもうしあげます。

 

乙女百合とクレマチスを生ける

2022 年 6 月 21 日

花    乙女百合、クレマチス
 
花器   金銅鍍金水瓶

 

淡いピンク色の楚々と咲く花姿を「乙女」に見立てて、
「乙女百合」となずけられたようです。
日本固有の百合だそうです。
百合にもたくさん種類が有りますが、その中でも
乙女百合は、その色、花の大きさ、花の形から、日本情緒を
醸し、心爽やかにしてくれます花のようにおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京アンティークフェア2022のご案内

2022 年 6 月 16 日

梅雨の鬱陶しい候で御座いますが、
皆様におかれましてはご清祥のことと存じ上げます。

骨董の店 甲斐では
東京美術倶楽部の3階4階で
7月29日(金)、30日(土),31日(日)に
開催されます

 東京アンティークフェア2022

に出展いたしますので、皆様方にご案内もうしあげます。

これから会期前の商品のご案内を順次掲載もうしあげます。

お気に入りの商品が御座いましたら、気軽にお尋ねください
ますと嬉しくぞんじます。

これからお遊びです。
さて、骨董の店 甲斐の商品はどれでしょうか?
HPコンタクトにて御応募下さいました方に抽選でそば猪口を5名の方に差し上げます。
奮って御参加下さいませ。

例えば  右列の上から何番目
左列の上から何番目
上列右から何番目
下列右から何番目

と、記して骨董の店 甲斐のHP
http://www.kottounomiase-kai.jp/
に6月30日までに御応募下さい。
抽選結果は7月10日発表します。

 

 

 

ベランダの花を生ける

2022 年 5 月 25 日

花   木賊 露草 ドクダミ

花器  時代手付篭

 

いずれも繁殖力の強い植物です。
増えすぎない様間引きしてあげますと、年々太く
逞しくなっているようです。

狭いながらも、朝、水遣りしながら、そっと植物を
手で撫で、会話するのも楽しいものです。

東京アート アンティークまつりのご案内

2022 年 4 月 5 日

東京アート アンティーク

~日本橋・京橋美術まつり

2022 4月28日(木)-4月30日(土)

 

骨董の店 甲斐 も参加いたします。
今年は2年ぶりの開催ですので、心待ちしている方々も、
多いこととおもいます。

骨董の店 甲斐は

「使って楽しむ新,古美術交々展」

を開催いたします。

皆様お誘い合わせてお出かけ下さいます様
ご案内申し上げます。

卜半椿とアケビの花を生ける

2022 年 3 月 30 日

 

花   卜半椿 アケビの花

花器  鉈籠

 

店のベランダの鉢植えの卜半椿がやっと咲き始めました。
ビルの谷間で日照時間が少ないせいでしょうか木は大きく
なりませんが、花だけはたくさん咲いてくれます。
卜半椿は、普通の椿より花持ちがよいように感じます。
また、生けると花器をとても引き立ててくれますので
大事に育てております。

アケビの花は紫系が多いですが、この花は白花です。
アケビの花の咲くころは、蔓も自在に伸び出し、5つ手
の葉は赤ちゃんの手のように柔らかく、可愛らしいです。

 

柳 宗悦の書は先に商品でご紹介してございますので

そちらを御覧ください。

 

ウクライナに平和を、ソビエトに平和を

2022 年 3 月 29 日

    花   土佐水木 紫陽花の芽 貝母百合 路傍の花

花器  猿投長頸瓶(平安時代)

コラム 23

    法 句 経  第8品  103

戦場にいずる
千回
千人の敵に
かたんより
自己(おのれ)にかつもの
彼こそ最上の
戦士なり

       ソビエトのウクライナ侵攻の報道を見聞きしておりますと
この、お釈迦様の御言葉が深く、強く身に沁みます。

両国に、一日も早い平和が戻りますことを
お祈りするばかりでございます。