2019 年 5 月 のアーカイブ

常滑片口大鉢に花を生ける

2019 年 5 月 31 日 金曜日

花   山法師、下野草、ビヨウヤナギ、

花器  常滑片口大鉢(鎌倉時代)

 

直しがあったり、自然秞を削った跡が有ったりと
しますが、水も漏らずこうして自然の力強い花々を
気持ち良く受け入れてくれます。

詳細を表示

李朝白磁壷に花菖蒲を生ける

2019 年 5 月 15 日 水曜日

花    花菖蒲

花器   李朝白磁丸壷

 

花   花菖蒲

花器  李朝白磁丸壷

菖蒲と同じように、葉が剣の様な形
をしている所から、特に花菖蒲と呼ばれて
おりますが、菖蒲とは全然違うようです。

紫、藍、白と色とりどりに群生して
咲いている様は、多くの人々の目を
楽しませてくれます。

私もそれに倣って、色とりどりに生けて
みました。

花言葉は うれしい知らせ  心意気
だそうです。
何かうれしい知らせが有ると宜しいですね

詳細を表示

黒高麗扁壷に檜扇を生ける

2019 年 5 月 3 日 金曜日

花   姫檜扇

花器     黒高麗扁壷

自宅のベランダに咲いた姫檜扇の花です。
年年増えて今では3鉢にいっぱいに次々と
花を咲かせて、楽しませてくれます。

 

説明を記入する!

詳細を表示

小野里 利信のシルクスクリーン 「シルク 18」

2019 年 5 月 3 日 金曜日

 

版画の寸法  40㎝×40㎝
額の寸法   62.7㎝×62.7㎝

時代     1968年作

状態     至って綺麗な状態

題名     シルク18

ED            108/150

サイン    ’68  Onosato

 

 

小野里利信は、
明治45年(1912年)~昭和61年(1986年)

1912年長野県生まれ。その後群馬県桐生に移り住む.
戦後のシベリア抑留を経て48年に帰国後は独特の
抽象画を展開し、
64年・66年にはベニス・ビエンナーレに日本代表と
して出品。
65年には、ニューヨーク近代美術館、チューリッヒ
市立美術館の絵画展に出品して、国際的評価を得る。

’68作と言いますと、海外での評価も高まって
おりました時期で、一番油ののっている時期の作品と
言えるのではないでしょうか。

寒色と、暖色6色の組み合わせですが、色使いの妙、
角の大きさの妙で、余白がない程びっしり描いて有るに
関わらず、騒々しさを感じさせない不思議な画です。、

詳細を表示