2019 年 5 月 のアーカイブ

方形泥宝塔

2019 年 5 月 22 日 水曜日

 

寸法   高さ 7.5㎝  基壇径 3.5㎝

時代   藤原時代

発掘地  奈良箸尾出土

状態   良好

 

 

「造塔延命功徳経」の中などに、塔を造る功徳が解かれて
おりますが、,延命、除厄に預かろうと沢山の泥塔を
造って、奉納したものです

特に、藤原時代、鎌倉時代に盛んに造られます。其の中でも
大治2年には崇徳天皇の増長宝寿の為に,毎日100基
総計37100基造立供養されたそうです。{日本の美術 塔
塔婆,スツーパ}より
凄い数ですね。

この泥宝塔は、全体に赤く焼き上がり,型の抜けは抜群に良い
ので、形も端正で、小さい乍らも、見応えが有ります

詳細を表示

古備前火襷徳利

2019 年 5 月 18 日 土曜日
寸法  高さ 17㎝  口径 3.5㎝
胴経 9㎝

 

時代  室町時代後期

 

状態  口辺に2箇所銀繕い有り。
小さい直しの方は上からは見えません

 

 

桃山時代以前の古格を現しております
火襷徳利です。
ねっとりとして、小石を噛んだ土の地肌は
あまり白く無く、火襷の色も,桃山時代の様に
赤く無く、橙色を呈して、静かな佇まいです。
火襷も非常に自然な感じです。

この時代の成形技法の特徴で有ります,筒輪積み
技法で器表に幾筋もの轆轤目が出て、雄渾さを
出しております。

底脇は土を箆で削り落として、底との、あるいは
重さの調整をしておりますが、この削り目も、
一つの見所の様に思います。

胴経は9㎝と細いですので、手に持ちやすく、
大変酒が注ぎやすい、誠に使い勝手の良い
備前徳利です。

桃山時代の備前徳利ですと、あまりにも高額で
魅力や、美しさは理解出来ても、中々私の掌中に
することは出来ませんが,この徳利でしたら皆様の
お手元にお届けすることが、出来るように思います。

すでに4月29日に公開しております無地唐津筒盃と
この備前徳利を取り合わせて、写真に撮ってみました。

詳細を表示

李朝白磁壷に花菖蒲を生ける

2019 年 5 月 15 日 水曜日

花    花菖蒲

花器   李朝白磁丸壷

 

花   花菖蒲

花器  李朝白磁丸壷

菖蒲と同じように、葉が剣の様な形
をしている所から、特に花菖蒲と呼ばれて
おりますが、菖蒲とは全然違うようです。

紫、藍、白と色とりどりに群生して
咲いている様は、多くの人々の目を
楽しませてくれます。

私もそれに倣って、色とりどりに生けて
みました。

花言葉は うれしい知らせ  心意気
だそうです。
何かうれしい知らせが有ると宜しいですね

詳細を表示

黒高麗扁壷に檜扇を生ける

2019 年 5 月 3 日 金曜日

花   姫檜扇

花器     黒高麗扁壷

自宅のベランダに咲いた姫檜扇の花です。
年年増えて今では3鉢にいっぱいに次々と
花を咲かせて、楽しませてくれます。

 

説明を記入する!

詳細を表示

小野里 利信のシルクスクリーン 「シルク 18」

2019 年 5 月 3 日 金曜日

 

版画の寸法  40㎝×40㎝
額の寸法   62.7㎝×62.7㎝

時代     1968年作

状態     至って綺麗な状態

題名     シルク18

ED            108/150

サイン    ’68  Onosato

 

 

小野里利信は、
明治45年(1912年)~昭和61年(1986年)

1912年長野県生まれ。その後群馬県桐生に移り住む.
戦後のシベリア抑留を経て48年に帰国後は独特の
抽象画を展開し、
64年・66年にはベニス・ビエンナーレに日本代表と
して出品。
65年には、ニューヨーク近代美術館、チューリッヒ
市立美術館の絵画展に出品して、国際的評価を得る。

’68作と言いますと、海外での評価も高まって
おりました時期で、一番油ののっている時期の作品と
言えるのではないでしょうか。

寒色と、暖色6色の組み合わせですが、色使いの妙、
角の大きさの妙で、余白がない程びっしり描いて有るに
関わらず、騒々しさを感じさせない不思議な画です。、

詳細を表示