2020 年 7 月 のアーカイブ

酒器と花器展 終了御礼

2020 年 7 月 28 日 火曜日

 

 

花   桔梗 サンキライ 紅花 野薔薇の実

花器  李朝白磁丸壷

 

酒器と花器展
は7月26日無事終了いたしました。

再びコロナが激増し、連休中は不要、不急の外出」は
控えるようにと、都の強い要請が出るという、悪条件
にも関わりませず、酒器に厚い想いを寄せる方々が、
お越し下さいました。
このことだけでも、感謝でございますが、

 

それぞれの方が、お気に入りの酒器で酒を飲みつつ、
口当たりや寸法、重さを試しつつ、ひっくり返し、
もっくり返して,御自分の感覚に合うかどうか、試し
て楽しんで下さいました。
中にはお買い上げ頂く僥倖にも有りつきました。
感謝と共に厚く御礼申し上げます。

花器にも酒器と同じだけの想いを持って、蒐集して、
花を生けて観て頂きましたが、関心を示して下さる
方が,少なく売り上げには繋がりませんでした。
誠に残念でした。
花器の事については、もっと勉強、研究して、次回に
備えたいと宿題をもらったようで、嬉しいです。

有り難う御座いました

 

詳細を表示

斑唐津盃

2020 年 7 月 26 日 日曜日

 

寸法 口径 9.2㎝  高さ 5㎝

時代 桃山時代

状態 銀繕い有り

 

口径が9.2㎝とやや広いですが、高さが5㎝
有りますのでたっぷり感の有る盃です。

古格有る造形ですので、飲み進むうちにその
大きさもあまり氣にならなくなると思います。

斑文様はすでに出ておりますが、呑む程にもっと
斑が出てきますので。育てる喜びが有る盃です。

詳細を表示

酒器と花器展のお知らせ

2020 年 7 月 19 日 日曜日
皆様方
東京は一端落ちつきましたコロナもまたもや
感染者が増えて、経済との両立と言うことで。
混沌としております。私も、開催するべきか,中止あるいは延期と
いう事も。考慮いたしましたが、色々準備も
その間進んでおりましたので、決行することに
しました。現代の東京のコロナの様子では、上京したくても
上京出来ない方もいらっしゃいます事と思います。
そのような方で、酒器や花器にご興味のある方は、
どしどし電話、あるいはメールでお問い合わせ
くださいませ。
成るべく、ご相談に乗れます様致します。。

愈々21日(火)より始まります。
マスクだけは付けてお出かけ下さい。
お待ち申し上げます。

https://www.instagram.com/kottounomise_kai/

詳細を表示

螺鈿舟形吊花入れ

2020 年 7 月 13 日 月曜日

 

寸法  縦12.3㎝ 横26㎝ 高さ12.2㎝

時代  明時代

状態  貝の剥落有り

 

舳先と後部を菊唐草文にして、横と底は3種の
幾何学紋様でびっしり覆われておりますが
螺鈿独特の煌びやかさの中にも落ち着いた
幽玄の美しさです。

本来は何の用途だったのでしょうか。
それを菊の花の木彫で穴を塞いで、それに金具を
取り付けて、吊り花に仕立てております。
先人の見事な転用と見識に唯々敬意を表します。

7月21日からの 酒器と花器展 に出品いたします。

詳細を表示

李朝白磁凸帯徳利

2020 年 7 月 5 日 日曜日

 

寸法  高さ 15㎝ 口径 3.7㎝ 胴経 9.4㎝

時代  19世紀

状態  無疵

容量  320cc

 

肩に凸帯をもつ、珍しい造形の徳利です。

頸の斜めのロクロ目も効いております。
持ち易さ、容量等一人酒の手酌には真向き
と思います。

7月21日からの酒器と花器展に出品いたします。

詳細を表示

和更紗人物文

2020 年 7 月 1 日 水曜日
寸法 裂 縦 28.5㎝ 横 40.5㎝
額 縦 43㎝  横 56㎝

時代 江戸時代前期~中期

状態 良好

 

私は幸いにも1990年代に加賀前田家の白地笹蔓金更紗
を1巻扱う事が出来ました。それはそれは綺麗な状態で
最後の箇所は70㎝程真ん中を切って有りましたが、
それを綺麗につなぎ合わせて元の幅にして有る物でした。
長さは4mほどだったでしょうか
そのつなぎ合わせた箇所を裁って我が手にとの想いが
頭をかすめましたが、他の物と同じく裂も切り口はわか
りますので、欲の気持ちを納めました。、
この巻物金更紗は我が母校に納まりました

その後、この人物文和更紗の額が手に入りまして、
是は輸入品の白地笹蔓金更紗を和様化した物と確信しま
した。
この額は裂のコレクターにお買い上げ頂きました。
それが廻り廻って私の手元に又転がり込んで来ました。
なんと嬉しい事でしょう。

白地の木綿はざっくりし、唐草文は伸びやかに印刷為れ。
ております、
背の高い方はオランダ人かスペイン人、背の低い方は
中国人でしょうが、それぞれ写実に近い表現をしており
ます。

額のガラスが外せず、観にくい点お許し下さい。

詳細を表示