2018 年 8 月 のアーカイブ

秋の野草を須恵器大壷に生ける

2018 年 8 月 28 日 火曜日

 

花   薄、女郎花 鳥兜 山牛蒡

花器  須恵器大壺

 

 

連日暑い暑いと申しておりますが、朝や夕に
頬をなでる風には、秋を感じられるこの頃で
御座います。

秋きぬと 目にはさやかに 見えねども
風の音にぞ 驚かれぬる

古今集 藤原敏行朝臣

丁度今がこのような時期でしょうか。

秋の七草の薄、女郎花,や房が黒く色づいた山牛蒡の実を大胆に生けてみました

詳細を表示

秋海棠を生ける

2018 年 8 月 24 日 金曜日

 

花  秋海棠 雲龍柳

花器 古銅花入れ

 

 

今年の夏は殊の外暑くて皆様方も大変だったことと思いますが、
秋海棠の花が咲き始めて、もう秋も其処までやってきているのが感じられます。

雲龍柳は、店で花を生けた後、捨てるのが惜しくて、水を張った器に入れておきましたら、枯れることもなく、根が出てきて、枝も増えてきましたので、鉢に移して楽しんでおります。
「銀座の柳」ならぬ「京橋の柳」になってくれますことか? ,私はそれを見届けられますことか?

詳細を表示

伝東播 須恵器大壺

2018 年 8 月 16 日 木曜日

 

寸法  高さ 41.5㎝  口径 25㎝

時代  5世紀~6世紀

状態  口辺に欠損有り

箱有り  箱に東播の貼り札有り

 

 

この大きさですと、物を蓄える為の甕と思い
ますが、生き生きとした叩き目で全面を覆い
尽くしております。
その叩き目は深く、重なるように自在に装飾
されております。

外と内の違いを見せるためでしょうか。あるいは、
入れる物が叩き目に付着しないためとの想いから
でしょうか、内面。は内型の痕跡をきれいに摺り消
して平滑に仕上げております。

外反する口作りの端部の先端には凸帯を付けて、
きりりとさせております。

一部還元で焼かれていない所が、黒の中に白く
浮き出て、これも大変な魅力の一つです。

中に鉄分の多い何かが入っていたのでしょうか
最後の写真に見えますように鉄分が相当付着
しており外側にも鉄分の染みているところが
見えます。

今はこのように大きな壷、甕類は飾る場所が
ないせいかあまり人気が有りませんが、
遠い過去の先人が日用の器に用だけで無く
装飾も施して生活を楽しんでいたのかと思い
ますと嬉しくなります。

今はこの甕を眺めながら、口いっぱいになる
ぐらいの薄を生けてみたらどうかなーなどと
思ってもおります

詳細を表示

ゴーヤの花を須恵器平瓶に生ける

2018 年 8 月 7 日 火曜日

花    ゴーヤの花

花器   須恵器平瓶

 

 

ゴーヤ(苦瓜)は、正式には野菜ですが、葉の形、愛らしい黄色の花
蔓の面白さで、毎年この時期になりますと、摘むでは生けて
おりますが、生ける器によってそれぞれ表情が違って見えます
のも面白いと思います。

 

今日は、この花を摘むのにつくずく観察しておりますと、
葉の出ている節から細い長い髭を伸ばし、それを他の枝に
クルクルッと絡ませ、しっかり本体を安定した形にして
ぐんぐん枝を伸ばしております。
このようにして、、互いに絡み合っておりますので、この1本
の枝を摘むのにもクルクルッと巻いた髭を丹念に外さないと
とれません。
なるほど、これだけしっかり絡みついているから、あんなに大きく
なるゴーヤの実を付けることがだきるのかと納得しました。
凄い生命力を感じました

 

詳細を表示

夏季休暇のお知らせ

2018 年 8 月 7 日 火曜日

    夏 期 休 暇

8月10日(金曜日)~8月16日(木曜日)まで

夏期休暇させて頂きます。

 

尚,ご用ある方は携帯電話の方に連絡頂き

ましたら、すぐにでも対応出来ますので、

遠慮なさらずご連絡下さいませ。

 

 

皆様方の中には、お盆休みを故郷で過ごされる

方もいらっしゃいますことと思います。

故郷の美しい、懐かしい想い出をいっぱい吸って

明日への活力を再生してきて頂き度存じます。

 

皆様方それぞれ良き夏休みをお過ごし下さい。

詳細を表示